転職に向けて会社説明会へ行きました

今日は、転職活動のひとつの会社説明会に参加してきました。
私は仕事サイトからの応募でしたが、今回の説明会には14人ほど集まっていました。
若い方ばかりでもなく男性も女性もいらっしゃいました。
みなさん様々な事情があるかもしれません、ないかもしれません。
Read More →

転職エージェント
転職エージェントを利用して効率的に求人情報を探すという就職活動の方法があります。転職エージェントを上手に利用するためには、信頼関係を築くことが大切です。

ではどのように転職エージェントと信頼関係を築いていけば良いのでしょうか?

転職活動全般に関するアドバイスをもらったり、職探しの指針を聞いたりして、転職エージェントとたくさん会話をしておくのも手段の一つです。就職活動のプロである転職エージェントからは、確かな経験に裏打ちされた役立つ情報を聞き出すことができます。また、転職エージェントは、面接において気をつけるべきことなどもよく知っているので、他の会社を利用した時の転職活動の話をしてもいいでしょう。他社の話は相談しにくいかもしれませんが、エージェント側としては全体の把握をしたいと考えています。全体の流れが分かればさらに良い求人募集情報を提供することができるからです。

もっとも良くないのはエージェントに隠し事をすることです。その時は転職がうまくいかずとも、転職エージェントとの関係性がより深まれば相手も納得するようです。きわどいところで、転職エージェントがいてくれたために話がまとまったということもあるようです。

効率的に求人情報探しをするためにも、転職エージェントを利用していくことが大事です。

社会保険労務士
社会保険労務士の資格があると、高収入の仕事につけるというイメージがあります。労務管理と社会保険の専門家である社会保険労務士は、社労士事務所に勤務したり、独立開業したり、金融機関に勤務したりという形があります。資格を仕事にどのように反映しているかは人によって様々で、高収入かどうかも仕事によって異なります。社会保険労務士は、年収にして平均760万円を得ているともいいます。高収入というからには、もっと高いものと思われがちです。人によっては年収3000万円で働いている反面、年収は450万円だという方もいるようです。社会保険労務士の資格があれば自動的に収入が入るということはなく、資格を活かしたどんな働き方をしているかが大事です。社会保険労務士は、独立して自分で仕事をする開業社労士と、会社に勤めながら資格を活用する勤務社労士の2つに大別されます。高収入になるのは独立開業をする場合の社労士です。独立開業している社労士事務所は、顧客を増やすことで収入を増やし、結果的には高収入の仕事になっているといいます。高収入の仕事をしている社会保険労務士も実在します。けれども、社会保険労務士にさえなれば全員が高収入の仕事をしているというわけではありません。

職探し

新しい仕事につきたいという人の多くが、近年では、求人サイトを使っています。ハローワークを利用して仕事探しをしている人もいます。ほかに仕事を探す方法はないのでしょうか。人と人とのつながりは、以外と仕事さがしに役立ちます。学生時代に培ったクラスメイトや部活の仲間とのつながりや、職場の同僚、上司、社会に出てからのつながりなどです。時には、数年来の友人と酒飲みがてら話をしたことがきっかけで、求人サイトに見つからないような有力な求人情報が得られたりもいます。人事部門で働いていない相手でも、求人の情報を持っているひともありますので、この機会に久しぶりにあって相談をするのもいいでしょう。同級会の幹事などをしていると、何かの拍子にぽろりと仕事の話が出てきて、求人につながることがあります。求人情報の収集という意味では幹事は大変ですが、やっておいて損は無いでしょう。普段の仕事の中で、客先などから仕事の話を聞いておくのもいいでしょう。いい求人話があるようなこともあります。求人の情報は、ハローワークやネットを使わないところにもあります。転職につながりそうな情報やコネクションを探すためのアンテナを張っておくと、いい求人に出会えることもあります。求人に関する情報を探せるきっかけは沢山持っておくことで、いい仕事に巡り会えることでしょう。

ハローワークで職探し

効率的に求人情報をチェックするには幾つかの方法がありますが、ハローワークもその中の一つです。ハローワークは無料で利用することのできる公共機関です。信頼できる求人情報が多く、地元に密着した求人が多いのも特徴です。
Read More →