社会保険労務士
社会保険労務士の資格があると、高収入の仕事につけるというイメージがあります。労務管理と社会保険の専門家である社会保険労務士は、社労士事務所に勤務したり、独立開業したり、金融機関に勤務したりという形があります。資格を仕事にどのように反映しているかは人によって様々で、高収入かどうかも仕事によって異なります。社会保険労務士は、年収にして平均760万円を得ているともいいます。高収入というからには、もっと高いものと思われがちです。人によっては年収3000万円で働いている反面、年収は450万円だという方もいるようです。社会保険労務士の資格があれば自動的に収入が入るということはなく、資格を活かしたどんな働き方をしているかが大事です。社会保険労務士は、独立して自分で仕事をする開業社労士と、会社に勤めながら資格を活用する勤務社労士の2つに大別されます。高収入になるのは独立開業をする場合の社労士です。独立開業している社労士事務所は、顧客を増やすことで収入を増やし、結果的には高収入の仕事になっているといいます。高収入の仕事をしている社会保険労務士も実在します。けれども、社会保険労務士にさえなれば全員が高収入の仕事をしているというわけではありません。

Comments are closed.

Post Navigation