カラコンの安全性

カラーコンタクトが初めての方にとって、一番心配なのは、「カラコンの安全性」ですよね。カラーコンタクトレンズや通常のコンタクトレンズは、現在【高度管理医療機器】に指定されています。「高度管理医療機器」とは、『副作用や機器機能の障害が起こった際に、人体に重大な影響を与える恐れがあるために、適正な管理が必要な医療機器』というものです。これにカラーコンタクトとコンタクトレンズが指定されたということは、つまり『使い方を間違えばとてもリスクの高いものだ』ということになります。【カラコンを長時間使用すると、眼が酸素不足になってトラブルが生じやすくなる】ともいわれているので、例えば「日中だけ、家ではつけない」「1日○時間だけ」という風に自分なりにルールを作ってもいいかもしれませんね。自己判断は、大きな障害につながりやすいので、少しでも違和感を感じたら、すぐに使用を中止して眼科の先生に診てもらうようにしましょう!

Comments are closed.

Post Navigation